スマホ制作会社サイト&ストリームマガジンで、小さな会社やお店・自営業・ネットショップなどの、地方で頑張る家族的な会社・個人事業主を支援ホームページ リニューアル  格安スタートアップ 検索ヒットSEO対策  E-shop開設 リピート販促  求人募集&人材活用 レシピ・手順書作成  新潟ウェブデザイナー

新潟モバイルサイト企画会社のコシヒカリ農家ホームページ制作で自家製造の漬物・作物の販売ショップ携帯

 

ではどのような質問をすればよかったのか?

当たり前の質問 + 一番のこだわりを聞けばよかったと思う。

「奥様が一番重視しているポイントはどこでしょうか?」
「ご主人が一番こだわっている部分はどこですか?」
「絶対に譲れないポイントを教えて下さい」
優先順位を知っていれば提案する間取りは変わっていただろう。


またこのような質問でもいい。
「お友達に自慢したい事は何ですか?」
「予算を考えないとしたら、何を希望されますか?」
このように聞いていれば結果は違っていた。


これはお客様との商談だけではない。
人とのコミュニケーションでも同じことが言える。
他の人と同じ質問をすれば同じ程度の結果しか得られない。
通常の質問に何か工夫した質問(こだわりや考え方を知る質問)を交えてみましょう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ランディングページとは、インターネット上でプロモーションとして 広告を出した際に、そこで告知しているURLをクリックすると 最初に「着地」(ランディング)するページを意味します。


ランディングページは、インターネット広告を通して クリックした潜在的な顧客を顕在顧客化させる際に 最も大きな要素を担うページとなります。


また、最初に作ったページが必ずしも最高のパフォーマンスを 出すわけではありませんので、様々なページを用意して、 均等配信をおこないテストをおこなっていくプロセスがあります。


このテスト作業は、 ランディングページ最適化(Landing Page Optimization:LPO) 呼ばれています。


ここまで行うのは非常に手間がかかりますが、 よりベストなパフォーマンスを求める中級者以上の方には、 ぜひお奨めしたいプロセスですので、ぜひ、お試しください。


当社では、LPOサービスも扱っておりますので、 必要であればお気軽にご相談くださいませ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ペルソナとは、 ネットショップのお得意様を象徴する存在でなければならないのです。
ペルソナをデザインする時には、一人の人物像として描きますが、 それは本当の意味での「一人」ではなくて、 Nさんのネットショップのお得意様の共通項を、 一人の人物像として表現したものでなければならないんですね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

反応が出る手書きチラシのコツ。
1)お客様を、明確化する。
2)お客様を、思いやる。
3)自分とお客様の共通点、共感点を書く。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

▼【初公開】「ネット集客のルール」


■ルール01 商売の定石を踏もう
■ルール02 人は、認知⇒理解⇒共感の3ステップを経てお金を払う
■ルール03 営業とマーケティングの役割を区別しろ
■ルール04 集客の前に、ターゲットをしっかりと選べ
■ルール05 まずは、見込み顧客のリストを構築せよ
■ルール06 顧客教育を忘れるな
■ルール07 購買心理学を学べ
■ルール08 リピートと紹介が生まれる原因を知っておく
■ルール09 全ての数字を計測しろ
■ルール10 インターネット集客の仕組みを持て

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

▼顔写真・作業写真の必要性は?


別に運営者の顔写真が無くとも、 ホームページからの売上げを取ることは可能です。
予想以上の売上を上げてるところは、 例外なく、ネットショップの店員さんの顔写真は載ってます。
別に必要ないけど、 少しでも向上するのなら、 一つでも多くの売上向上策を取るのが、経営者としての資質ではないでしょうか?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

▼見込み客がHPにアクセスしてしまう方法


見込み客を自店のHPにアクセスさせる方法について・・・

見込み客フォローのために存在するのがブログです。

ブログ以外では、WEB上で見れるコンテンツを作り、 見込み客にメールなどで告知をしていくというのが、 見込み客にWEBサイトを訪問していただく、一番単純な方法です。


このブログは、既存の会員様に最新情報をお届けしたり、 新たな視点を見つけて頂くためのサイトとしていますが、 ブログとして世間一般に公開されているため、 初めてアクセスする方の悩みを解決することができれば、 ファンとなって頂き、見込み客へとなっていただくことも 可能となっています。


ただし、まずそもそも、見込み客にWEBサイトを 訪問していただく目的は何でしょうか?


せっかく見込み客となってくださった方のフォローには、 FAXレターやメールマガジンや、ニュースレターの 郵送などが適しています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

▼地方の飲食店は、情報に気をつけよう!


地方の飲食店が気をつけないといけないこと。

それは、本や業界誌・その他の情報やノウハウ等は、「基本的に東京を前提にしている」ということです。


前提にしているといっても意識的にしているわけではなく、 普段の活動が東京なので、無意識のうちにそうなっているのです。


例えば、コンセプトのターゲット論。 「どこまで客層や利用動機、それに対するウリや商品を絞り込めるか?」 と、よく言われます。

確かにその通りです。しかし、もっと正確に言うと、 「都会になればなるほど、つまり、人口が多くて店も多いほど」 という前提です。


逆に言うと、人口が少ない地域になればなるほど、 「どこまで客層や利用動機を広げられるか?」 となるのです。


もちろん中には、ド田舎の立地で、幅広く県外から集客する商圏の広いお店もあります。 でも私が言っているのは、あくまでも一般的な飲食店の話です。


私自身が地方出身で、地方で仕事をしてきて、今は東京メインで活動しているので、それがよく分かるんですよ。 そのお店ごとに、業種によって、業態によって、立地によって、客層や利用動機によって、 商売が成立するための必要な市場(パイ)というのがあります。


つまり、 「それ以上絞り込んだら、市場的に商売が成立しないでしょ」 というラインがあるのです。 そのラインのちょっと上のコンセプトが、繁盛するコンセプトです。


上すぎると、 「単なる何の特徴もない、たくさんある飲食店の中の1つ」 になってしまいます。


ちょっと難しいというか、分かりにくいかも知れませんが、 繁盛店作りの第一歩は、 「店ごとに違うそのラインのちょっと上のコンセプト作り」 からなんです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「ネット広告のほうが、安くて効率がいいんじゃねぇの?」
「テレビや雑誌と違って、効果測定ができるから、いいんじゃねぇの?」
「今は新聞や雑誌よりも、ネットを見ている人が多いんじゃねぇの?」

CSS 2 ■スプラッシュページ


CSS 2 ■トップページ


CSS 2 ■構文チェックページ


CSS 2 ●ホームページリニューアル

CSS 2 ●ホームページスタートアップ

CSS 2 ●ホームページ検索ヒットSEO対策


CSS 2 ●オンライショップ開設

CSS 2 ●メールマガジン作成代行

CSS 2 ●求人情報の活用

CSS 2 ●エクセル表計算にてレシピ活用


CSS 2 ●お客さまの声

CSS 2 ●制作実績

CSS 2 ●会社概要

CSS 2 ●ご質問と回答


CSS 2 ■問い合わせフォーム

CSS 2 ■特定商取引法の表記

CSS 2 ■個人情報保護方針

CSS 2 ■代表者プロフィール

新潟ホームページ制作会社の携帯サイト戦略コンサルティング作成代行レベニューシェア実績
HOME  ⁄  特定商取引法  ⁄  個人情報  ⁄  お問い合わせ